RANDOM WALK

RANDOM WALK

森山大道

出版社:IBASHOthe(M) éditions

ナンバー入り

函付き。62枚のモノクロポラロイドスティッカー・38枚のカラーポラロイドスティッカーを収録。

モノクロ62枚、カラー38枚のポラロイドスティッカーを自由に貼り付けて、森山大道が歩いた街を「ランダムに歩く」ことができる、森山大道の最新写真集。

「僕は、基本的にブラック&ホワイトの写真が好きだ。なぜなら、モノクロームの世界は“夢性”を帯びているから、“象徴性と抽象性”を持っているから、などと言ってみたりするが、結局モノクローム写真の表わす世界そのものが、すでに“異界の光景”以外の何ものでもないイメージとインパクトを放っているからだと思う。つまり、ぼくも、そしてモノクローム写真を眺める人々も、写された事象そのものを見るだけではなく、始めから転写された“非日常”を突きつけられて、一瞬、白と黒のグラデーションに鈍化された映像への想像力が働き、異界との遭遇、もうひとつの現実を経験するのだと思う。少なくとも、ぼくがモノクローム写真に惹かれる理由はこのあたりに至る。(いたる)
翻って、カラー写真、とりわけカラーポラロイドについて、なぜ撮るのかと問われれば、写真の持つ本質である現実世界のコピーというものを直接的に体感できるものだからだろう。カラーポラロイドによって写されたあからさまな現実世界は、逆説的にぼくを“異界”へと連れて行ってくれるのだ。
結局、どうやらぼくは、街を歩きながら、ここではないどこかを探しているようだ。つまり、ここではないどこか、“異界”への入り口を感じた時に、ぼくはシャッターを切ってるのかもしれない。」
― 森山大道

判型
120 × 240 mm
頁数
72頁、掲載作品120点
製本
ポラロイド、ハードカバー、ケース
発行年
2021
言語
英語、日本語
エディション
1000
ISBN
979-10-95424-28-4

森山大道による出版物